足利銀行カードローン:「Popスピード型」
金利:14.8%

足利銀行のカードローン「Popスピード型」は地方銀行のカードローンの中でもかなりスピーディーな審査・手続きがとれるタイプとなっています。
その代わり融資可能な最大金額は10万円から最大50万円までとなっており、急な資金不足、クレジットカードなどの残高不足などに対応するための限定的なローンです。

スピード審査でなくてもいい方は、フリーローン「リベルテプラス」など足利銀行でも別のローンを利用することもできます。
こちらは融資可能金額も最大500万円、将来のゆとりある備えとしても使えますし、他社からの借り入れのまとめにも使うことができます。
他、住宅ローンを足利銀行で組んでいる方は「Pop−Maison(メゾン)」という金利優遇のつくカードローンを利用することも可能です。

「Popスピード型」は融資のハードルが低いキャッシング感覚のカードローンなので、買い物や旅行資金などの調達や給料日前などのピンチを何とかするのに適しています。
運転免許証を持って直接お取引店をご訪問いただければ、即日の融資も可能です。

地方銀行のカードローンも目的別にいろいろなバリエーションがあるので、利用前の条件確認は必須です。
金利が少しでも安いところで借りるのか、返済がしやすいところで借りるほうがいいのか自分の懐事情に合わせてご検討ください。
消費者金融よりも利息の支払金額を抑えられる地方銀行のローンですが、より一層便利に使っていくためには利用者側の慎重な判断が求められます。

清水銀行カードローン:「アシストカードローン」
金利:11.0%

清水銀行ではカードローンが4種類用意されていますが、30万円・50万円といった低めの限度額で利用しやすいタイプのローンが2種類あります。
1つは「スピードカードローン」、そしてもう1つが「アシストカードローン」です。

前年度の年収が150万円以上あり、勤続1年以上の方は「アシストカードローン」のほうが金利が安くなります。
「スピードカードローン」は金利14.9%、「アシストカードローン」は金利11.0%という設定がされています。

「アシストカードローン」の返済額は限度額30万円コースか50万円コースで異なっていて、30万円コースの方は月々1万円、50万円コースの方は月々2万円です。
毎月10日の返済日に決まった金額が引き落とされる方式なので、返済計画は立てやすいでしょう。

「アシストカードローン」は事業目的以外であれば使用目的は自由なので、急な資金不足などにいろいろ対応可能です。
生活の中で急に訪れるピンチに、数万円から数十万円まで融資を行ってくれます。

地方銀行ではいろいろな名称でカードローンを出しているので、日常生活でピンチが訪れた時は各銀行のホームページなどを参考にするといいでしょう。
銀行によっては給与振り込みや公共料金引き落としに口座を利用していることで金利が低くなるものも用意されています。
自分にとってベストチョイスとなるローンがないか、複数の銀行を比較検討することをおすすめします。
アルバイト・パートの方でも、消費者金融同様銀行から融資を受けられることもありますよ。

個人事業主にとって、日々の資金繰りは大変な作業となっていますが、お金をどのようにして工面するかは、非常に重要な問題となります。

そのため、急に資金が必要となったときのために、今は必要なくてもレイクなどのカードを作っている人も多くいると思います。

何らかの原因で、売掛金の回収が遅れてしまったときに、従業員への給料が支払えなくなってしまっては困ります。

また、自営者向けの融資に「手形」を用いたサービスもありますが、これを利用するには銀行の当座預金を用意する必要があります。

原則として株式会社などの"法人"が利用するサービスとなっていますが、振り出した手形から手数料を引いた金額で裏書きしてもらうことになります。

このサービスの欠点は、自分が振り出した手形が、その後、どのように流れていくのか不明な点にあります。
振り出した業者が、さらに他の危険な業者に裏書きすることも考えられますので、手形取引に精通していないのなら、手を出さない方が賢明でしょう。

それと比較すると、銀行や銀行系のカードローンは、安全にお金を借りることができ、いざというときにはコンビニから引き出すこともできます。

個人事業主の方は、レイクやプロミスなどのカードを1枚は持っておくと安心でしょう。

消費者金融や銀行のカードローンに対しても、あまり良い印象を持っていない人がいることも事実です。

確かに、優良な業者・そうでない悪質な業者があることは事実ですが、全てをまとめて「お金を借りたらダメ」というのは、言い過ぎのように感じます。

かつてのようなグレーゾーン金利も撤廃されて、貸付金利も40%ほど下げられている今の状況では、違法な業者でなければ、それほど問題となることはありません。

一般的に「街金融」と呼ばれる業者は、手形を用いた融資であったり、個人事業主に対して保証人を求めるような融資をしていることが多いと思います。

また、街中に公告されている090金融などというのも、街金融に含まれると思いますが、なかには非常に危険な業者があることも事実ですので、十分に注意しなければなりません。

しかし、レイクは、銀行が行っているサービスですし、プロミス・モビットなども銀行が出資をしている業者が提供するサービスとなっています。

「銀行は危険か?」あるいは「銀行が出資している企業は危険か?」というと、リスクを冒してまで違法行為を行うとは考えられません。

安全なサービスを提供してくれるキャッシング企業として、大いに期待されているものとなっています。

個人事業主にとっての資金繰りは、頭を悩ます原因となっていることも多くあります。
バブル時代のように景気が上向いていれば良いのですが、現在のの低迷した景気の中では、仕入先業者への代金の支払いや従業員の給料の支払いも大変になってきます。

このようなときに、当座の資金繰りを目的として、カードローンを活用しているケースが多く見られます。

オリックス銀行カードローンや新生銀行レイクなどは、総量規制に影響を受けることなく、また、利用目的に制限されることなくお金を借りることができるので、いざというときのためにカードを用意しておくことも必要だと思います。

このときに、「個人事業主を対象とした専用のサービスはないのか?」と思われるかもしれませんが、基本的には、個人事業主・一般のユーザーの区別なく、サービスが提供されているのが一般的です。

自衛者向けのサービスを提供していることで有名なのは、プロミスの「自営者カードローン」になります。

プロミスのこのサービスは、自営者向けのカードローンで、最大300万円までの融資をしても楽ことができます。
もちろん、インターネットからの申込みであれば、即日融資も可能となっていることが、人気の秘密のようです。

個人事業主の多くは、新生銀行レイクやオリックス銀行カードローンなどのキャッシングを利用して、お金を借りています。

このときに、商品の仕入れや、給与の支払いのための支払いに充てても良いのか?という問題があります。

一般的な事業者向けのローンでは、その利用目的を仕入れ・給料の支払いなど、特定された条件で融資を受けることが多くなっています。

そのため、レイクやオリックス銀行カードローンなどから借りたお金を「自由に使っていいのか?」と感じる方がいるようです。

結論から言うと、キャッシングによって得たお金の使い道は、個人事業主が自由に決めて良いものとなっています。

そのため、業務上必要となるものを購入することも可能ですし、プライベートで利用することもできます。

個人事業主にとっては、非常にフレキシブルにお金を借りることができるので、銀行のカードローンをいつでも使えるようにしておくのは、メリットも大きくなるでしょう。

また、急な資金繰りの悪化のときの保険として用意している人もいるなど、中小企業の経営者には欠かせないものとなっているようです。

このような理由から、キャッシングサービスを個人事業主が利用するケースは、ますます増えていくものと思われます。

レイクやオリックス銀行カードローンなどのような、銀行が提供するカードローンは、個人事業主にも人気があるようです。

個人事業主にとっては、プライベートな物品の購入のためだけではなく、業務上、必要となるものの購入や仕入れのためのお金も準備する必要があります。

そのため、一般的なキャッシングよりも多額の金額を必要とすることがあり、総量規制に掛からないように注意する必要があります。

総量規制は、個人の年収の3分の1までしか、お金を借りることができないというものですが、それでも不足してしまうケースもあるようです。

この総量規制の対処法としては、規制の掛からない新生銀行レイクやオリックス銀行カードローンなどの銀行が提供するキャッシングサービスを利用するのが良いでしょう。

ここで注意する必要があるのは、プロミスやモビットも三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の系列の企業が提供するサービスですが、銀行自体が提供しているわけではありません。

そのため、総量規制が適用されてしまいますので、プロミス・モビットからの借り入れは、年収の3分の1までとなってしまいます。

個人事業主にとって重要なポイントは、必要なお金の金額と"総量規制"による上限額を把握することといえます。

事業者ローンとは

「事業者ローン」というのは、個人事業主や中小企業の経営者の方を対象としているローン商品のことをいいます。
長い間事業をしていれば、運転資金が足りなくなるという事態もあるでしょうし、事業を拡大するということもあるでしょう。

公庫などから融資を受けられれば、金利の面などで有利というのは確かですが、審査が厳しくて融資が下りるまで何ヶ月もかかってしまいます。
急いで資金が必要な時には、全く頼りになりませんよね。
そんな時に心強い味方となってくれるのが「事業者ローン」です。

この事業者ローンというのは、大きく分けて銀行系とノンバンク系といわれる二種類のものがあり、それぞれに特徴があります。
銀行系は比較的低金利で借入れができて、返済期間も長めに設定されているのですが、審査が厳しくて借入れができるまでに日数もかかります。
また、提出しなければいけない書類も多いようです。

一方、ノンバンク系は多少金利は高めですが、審査が素早くて提出する書類も少ないということで、急に急いでお金が必要という場合には大変便利に利用できます。
最近はインターネットで申し込みができますし、最寄のATMで借入れや返済ができて大変使い勝手もよくなっています。

ただ、手軽に借入れができる分、慎重に計画的に利用しないと後で大変な事態になりかねないので、十分な注意が必要です。
どちらを選ぶかというのは、その時の状況に応じてよく考えて賢く利用すればいいのではないでしょうか。

事業者ローンで借入れから融資されるまでに掛かる時間とは? 事業者ローンを利用したいと思ったときに、実際にお金が手元にくるまでにどれだけ時間が掛かるのか気になるところではあります。 近々、新規の設備投資を考えている場合と取引先の倒産などですぐにでもお金が必要な場合と、それぞれの場面によって融資に掛かる時間が長いと感じるかどうかは違ってきますよね。 時間的に余裕があるという場合に事業者ローンを利用するならば、銀行系の方が金利が比較的低く設定されていて、返済期間も長いですから断然お勧めできます。 銀行系の場合は、審査にかかる時間がかなりありますので、融資が受けられるまでに1週間前後かかってしまうのが一般的なようです。 また、借入れの金額や使いみち、信用状態などによって審査が長引くこともあるようです。 すぐに資金が必要という場合は、ノンバンク系の事業者ローンを利用するのがいいでしょう。 ノンバンク系の売りは「スピード」ですから、素早く対応してくれます。 たいてい翌日又は翌々日くらいには融資が可能となりますが、近頃は即日融資をしてくれる会社も多いです。 金利の面では銀行系と比較すれば高くなってしまいますし、融資限度額も低めなのですが、審査が素早くて急な時に対応してくれるので、イザという時にはかなり重宝します。 ノンバンク系の場合は、借りたものはすぐに返すという姿勢を忘れずに利用すれば、事業をする上で心強い味方となってくれるのではないでしょうか。 上手に資金繰りしていけることが何よりですが。